簡単本格四川風麻婆豆腐のつくり方

麻婆豆腐は四川料理のひとつで、煮こむ時は鍋を時々ゆすりながら味を絡ませ、5分以上の込んでからとろみをつけます。

シンプルな材料から紡ぎだされる麻婆豆腐

簡単本格四川風麻婆豆腐のつくり方 麻婆豆腐は四川の成都で誕生した四川料理のひとつです。ポイントは、豆腐はやわらかいので、煮込む時は時々鍋を揺すりながら味を絡ませることと、煮崩れそうだからといってすぐにとろみをつけるのでななく、5分以上煮込んで豆腐に味がしみてからとろみをつければ上手に仕上げることができます。作り方(4人分)は、絹ごし豆腐1丁は2cm角に切ります。フライパンにサラダ油大匙2を熱し、にんにくのみじん切り1かけ分と、長葱のみじん切り1/4本分を入れて、弱火で焦がさないようによく炒めます。にんにくや長葱といった香味野菜は風味を油に移すことが目的で、焦がすとせっかくの風味が台無しになってしまうので注意が必要です。

豚ひき肉150gを加えて、ほぐしながら炒めてパラパラにし豆板醤、甜麺醤各小匙2を入れてさらに炒め、鶏がらスープ1カップ半を加えます。煮立ってきたら酒、醤油各大匙1を入れて豆腐を加え弱火で5分ほど煮ます。片栗粉大匙1に水大匙2を加えた水溶き片栗粉を回し入れ、豆腐を崩さないように静かに混ぜてとろみをつけ、仕上げにごま油小匙1と黒コショウ少々を振りかけます。また、豚ひき肉に牛のひき肉を混ぜて使うと味にコクが出て一味違う麻婆豆腐になります。


Copyright(c) 2017 簡単本格四川風麻婆豆腐のつくり方 All Rights Reserved.